思いつくまま、そのまま、ありのまま:メモ・付箋ノート

なんだかなあ=と思うことは一杯あるけど、文字にするのは中々難しい。まあ、仕方ないかも・・・。

「野わけ(さよならをするために)」・「岸辺のアルバム」:思い出・ノスタルジー

秋、台風がやってくるこの季節になると、ノスタルジックにふと思いにふける。

過去のテレビドラマ「岸辺のアルバム」と「野わけ」。


ビリーバンバンの「さよならをするために」

『過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる♪

ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ♪』



雨の中、風に強く揺れている木々の姿が、しんみりとした心の中に、当時の過去の自身の生きてきた風景と行ったり来たり・・・。

その当時の、匂いまでがよみがえる。

あの時は、帰っては来ないけど、でもあの時に戻りたい!

ノスタルジーってそんなものかも。

過去を惜しむ惜別の思い。


ウィルユーダンス~ジャニス・イアン岸辺のアルバム
youtu.be

岸辺のアルバム
youtu.be

さよならをするために ビリー・バンバン (1972)
youtu.be

「さよならをするために」ビリーバンバン
youtu.be